ごあいさつ
■ 私達(有)大沢工務店に安心してお任せ下さい。

基本理念
1.     誠実に取り組む心,学んだ技術は世に返すもの
      私たちは技術を土台とし,経験を生かして
      そこに暮らす人々が,快適で安心していただける環境をつくることを使命としています。

2.     木をあつかうものは 気をつかうもの
      繊細な気使いの積み重ねが、ものつくりには大切だと思います。
      お客様の要望にしっかりと耳を傾け,形にしていくことが,職人本来の使命としています。

3.     創意工夫と社会貢献
      常に学び,新たなものを世に提供していく姿勢で地域社会に貢献します。
      社員各々が役割を持ってお客様に接し、協力業者の方々と共に連携し,
      次に繋がる社会貢献に努めます。


先祖代々から受け継いだ土地に会社を構え、地元のお客様との長いお付き合いの中で、良いも悪いも評価戴き営み続けて行く言い換えれば、逃げも隠れもできないのが 「地場工務店」 です。
地元の方々にお世話になりながら、細く長くの精神で、住まう方々のお手伝いをさせて戴いております。
日頃より良い仕事を心がけ、社会に必要とされる会社であるよう日々研鑽しております。
お客様に喜んで戴くことが、私共の原動力となっております。

住まいは一世代で終わるものではなく、次世代に受け継がれるものです。
構造体にしっかりとした材料を使用することで、世代が変り、ライフスタイルが変わったとしても、変化に柔軟に対応することができるのです。
お客様が住んでから後悔されないように、お客様のご意見を第一に尊重し、コミュニケーションをとりながら、培ったノウハウをもとに、ご要望に最大限お応え致します。
また、住まうご家族や土地は、唯一のものであり同じ条件が二つは御座いません。長年積み重ねた経験と技術を活かし、世界に一つしかない住宅を建てる責任と誇りを持ち、お客様との 長いお付き合いをさせて戴いております。

デザイン住宅、増改築、バリアフリー改修、住宅リフォーム、断熱リフォームのご相談等々、何でも構いませんので、お気軽にお声をお掛け下さい。
■ 大沢工務店について
1974年に会社を設立して以来、木造一般住宅を主に施工して参りました。
現社長は、同市の工務店で8年間の修行を積み、その後独立し一代で現在の規模に至っております。
設立当初の昭和49年はオイルショックの影響を受けていた時世のため、資材供給に大変苦闘致しました。
その時から現在に至るまで、お客様に迷惑をかけてはならないとの思いで、自前の倉庫を持ち、良質な材料を仕入れ、常に材料をストックしております。
そのお陰もあり、去る3月11日の東日本大震災後の資材不足の際にも、一切の影響を受けることなく全ての工事を完工することができました。
今後、日本国内に良質な材料を確保できる保障はありません。
国産材も決して豊富とはいえず、間伐材などを剥ぎ合わせて作る集成材にシフトしているのが現状です。
弊社では国産材を多く使用しておりますが、材木屋にもない木材を保有していることにより、他社にはない物造りが可能となっております。
■ 会社の性質
私ども大沢工務店では、施工、管理、監督業をおこない、設計、企画は当社と志を共にする気鋭の建築デザイナーや設計士とコラボレートして、より最適な住宅をご提案させて戴きます。
また、餅は餅屋と申しますように、お客様の望む形を各専門分野のスタッフ達が多方面から検討を重ね、具現化致します。 弊社は木造を主体として居りますが、S(鉄骨)造、RC(コンクリート)造も構造上必要とあれば、施工させて戴きます。
なお、サイトからお問い合わせやご依頼を戴きましても、紹介料といった中間マージンは一切発生しませんので安心してご活用下さい。
大沢誠
 
倉庫 倉庫